お遍路ツアーの心得

お寺

宿でまず、金剛杖を洗う

金剛杖は大師の分身とされています。宿に上がる際には、大使の足を洗う気持ちで金剛杖を洗いましょう。

橋の上で杖をつかない

大師が十夜ヶ橋のしたで修行していたという故事にちなんで、橋の上で杖をつくと大師のお休みの妨げになるため禁じられています。

相互礼拝、相互供養

他のお遍路さんの同行とすれ違う際には「南無大師返照金剛」と唱えて挨拶をしましょう。

参拝後に鐘を撞いてはいけない

参拝後に鐘を打つことは、死者を送る時などといった縁起の悪い事なので、参拝後に鐘はつかないようにしましょう。

様々な教えを心得を

お遍路ツアーは心と身体を清めるために回ります。教えと心得を守って、88か所回りましょう。

広告募集中